OUT THERE JAPAN TOURへ

OUT THERE JAPAN TOURへ

高校生の頃父親から、
プレイヤー、アンプ、スピーカーと、
ビートルズの「1967−1970」という青いベスト盤のレコードをもらいました。
このレコードはクラシックマニアの父親のコレクションの中で、
唯一あったビートルズのものでした。

ビートルズって
マッシュルームカットで、
ニコニコしてさわやかな音楽を演奏しているというバンドでしょ、
なんて思いながら、
初めてレコードで音楽を聴くことにドキドキしながら、
盤に針を落としました。

針が盤に触れると不思議な音が聴こえてきました。
1曲目はStrawberry Fields Forever。
あれ?想像していた音楽と違う。
すごい変な音。なんだこれ。
2曲目はPenny Lane。
お、聴きやすい。でもビートルズってこんなだっけ?
3曲目Sgt Pepper’s Lonely Hearts Club Band。
またまた変な曲だ。笑い声が入ってる。



と聴き進み、6曲目のA Day In The Life。
この曲で僕は確信しました。
ジャケットにはビートルズって書いてあるけど、
絶対違うバンドだ、間違えてるわ。
ジャケットに写ってる人達髪も髭もすごいし、違うわ。
でも裏の人達は見たことあるなあ。

想像していたものとあまりにも違うので、
そんなことを思ったのでしょう。
でもそれは紛れもなく本物のビートルズだったのです。
初めて聴いた音楽に心を持っていかれた僕は、
それから何日も何日も取り憑かれたように、
この青盤を聴きました。

I Am The Walrusで変な世界に連れて行かれて、
Lady Madonnaにウキウキして、
Somethingでジーンとして、
Octopus’s Gardenで楽しくなって。
高校にはビートルズを聴いている人は周りに誰もいなかったこともあって、
自分が少し大人になったような気でいました。
アルバイトをして貯めた小遣いで、
レコード屋に通うようになり、
アビーロードを買ったり、
何もわからずStrawberry Fields Foreverのデモばかり入っているブートレグを
買って困惑したり、
各メンバーのソロを買って、
やっぱりBeatlesの方が良いなあ。
4人が揃わないとだめなんだな、
なんて評論家のようになってみたり。
どんどんビートルズの虜になっていきました。
それから15年が経ちました。

ポールの新作「NEW」は
キャッチーで、野心的で、ちょっとださくて、
ポールそのものという感じがします。
中でもシングルにもなっている「NEW」は
あの頃に聴いた青盤のポールを彷彿とさせ、
胸が高鳴ります。

そして
この歌の中で「失うものなど何もない」という歌うポールのことを、
本当にすごい人なんだなと改めて実感するのでした。
そんなことは僕が言うまでもないのですが。

そんなポールが今OUT THERE JAPAN TOURの為、
来日しています。
先週の福岡、大阪でのライブはすごい盛り上がりだったようです。
今日もきっとそうでしょう。
僕は明日19日と21日の東京ドームに行ってきます。

2月にはリンゴを見てきました。
今年はビートルズの年です。
なんだか泣けてきます。
そわそわして眠れません。