郷土玩具をたのしむ

郷土玩具をたのしむ

7月26日のトークイベントに向けて、
いろいろと資料を整理しているのですが、
郷土玩具とはなんだろうという疑問で頭の中がいっぱいになっています。
そんな時には実際に見てみるのが一番だと思い、
播磨屋さんのカチカチで遊んでみました。
実に馬鹿馬鹿しくて楽しくて、
郷土玩具とはなんだろう。
そんな疑問が吹き飛び、
こういったものが原点なのではないかなあと、
ぼんやりと実態が見えてきます。
このカチカチは厳密には郷土玩具とは言えないのかもしれませんが、
郷土玩具なんて言葉はそもそも昭和のはじめにできたものです。
言葉に惑わされないように気をつけなければなりません。

そしてこの楽しいカチカチと兔笛、達磨独楽、おかめ独楽などを
当日のみ販売いたします。
お楽しみに。

「郷土玩具をたのしむ」