太田孝淳工人のこと

太田孝淳工人のこと

太田孝淳工人は言いました

何かの型を作るよりも、
古いこけしから出ている空気みたいなもの、
そんなものを感じるこけしを作りたいんです。
見ているとどれも本当に良いなあと思うものですから、、、。
ほのぼのしていて、のびのびしていて本当に良いですねえ。

土湯温泉で作られた古いこけしを二人で眺めながら、
その底知れぬ魅力について長い時間お話してきました。
5月のことです。
ここで言う古いこけしとは、
こけしが「伝統」になる前の、
のびのび、ほのぼのとしたこけしのことです。
まだ子どもの手の中にあり、
ただの玩具として存在していた頃のこけし。

こけしは「伝統」という名前がつくことで、
それまで築き上げてきたものを守ることができ、
「伝統こけし」として、今へと繋がれてきました。
しかしその一方で「伝統」という冠にあぐらをかいて、
その奥にある本質を見落としてきたとも言えるのではないでしょうか。
そしてその冠によって
どこか窮屈な枠に押し込められてしまったのも事実です。
ならば、そんな枠から飛び出て、
工人それぞれが思うこけしの本質を挽き出すことができたら、
のびのび、ほのぼのとした
本来のこけしの姿に立ち返ることができるのではないか。

ただそれは「伝統」を無視していいということではありません。
伝統を守って自分の中に取り込み、
それを破壊し俯瞰でみて、
そこから離れていくこということが必要なのではないか、
ということです。
守破離の精神です。
常に身体の中に「伝統」を感じながらいることが大切なんだろうと思うのです。
やみくもに破壊したり、離れたりするのなら
はじめから伝統こけしをやる必要はありません。
どれだけ強く「守」でいられるかで、
「破壊」し「離れる」時の力は強くなり、
こけしの本質へ近づいていくのではないでしょうか。
太田さんはその姿勢でこけしを挽いているように思えます。

この太田さんのこけしには
僕が土湯こけしに対して求めている魅力が全てつまっています。
木地は品良く粗く仕上げられ、
そこに染まった色は瑞々しく滲んでいます。
白く抜かれた眼点は、
太田さんの土湯こけしへの敬意の表れです。
ほのぼの、のびのびとした、
玩具らしい情感に満ちたこけしです。
素晴らしい。