こけし手帖682号

こけし手帖682号

こけし手帖682号に
「こけし祭りの未来に今できること」という文章を寄稿しました。
このホームページの9月の日記に書いたものと同じ内容ですが、
手帖用に改稿したものです。
大切なことなので、
しつこいようですがこちらにも改めて。

__________________________________

9月2、3日の第63回全国こけし祭りの中で行われた
座談会「こけし祭りの未来に今できること」に、
西荻イトチの伊藤ちえさんと一緒に
司会のような役割で出させていただきました。

ここ数年のこけし祭りは、
第3次こけしブームとその余波によってたくさんの若いお客さんを集め、
多くの賑わいを見せています。
しかしその内情は、後継者不足により人手が足りず、
いくつもの業務を少ない工人と役場の方々がこなすことで、
なんとか開催できているというもの。
小学校の体育館という大きな会場の設営もほぼ工人だけでやっていたりと、
どう見てもひとりひとりへの負荷がかかり過ぎています。
その問題をどうにか解決しなくては、
10年後、5年後ですら、
こけし祭りはできなくなっているかもしれない。
深沢要さんの
みちのくは 遥かなれども 夢にまで こころの山路 こころのこけし」
刻まれた歌碑が建てられた記念として昭和23年からはじまり、
今までずっと繋げてきた想いを途切れさせてはいけない。
そんな危機感から鳴子の工人の方々に、
今、こけし祭りをどんな風に思っているのか、
これから先、どうしていくべきか聞いてみたいと思い、
こけし祭りの未来に今できること」というテーマで、
座談会という場所を借り、
いろいろとお話をお聞きしました。

参加してくださった工人は
大沼秀顯さん、柿澤是伸さん、早坂利成さん、松田大弘さん。
年齢も作るこけしのタイプも違う4工人ですが、
みなさん実直に、それぞれの想いを話してくださったことで、
たくさんの問題が浮き彫りになり、
その問題の根の深さを知ることになりました。

議題として上がった問題は
「後継者がいない」「予算がない」「工人と町の人との間に温度差がある」。
どれもすぐに解決できる簡単なものではなく、
どこの地方でも言われていることです。
僕個人がどうにかできることではありません。
ただ、これは工人や町だけの問題ではなく、
愛好家も一緒になって考えていかなくてはいけないもののように思えます。
祭りがなくなることがつらいのは工人だけでなく、
愛好家も同じなのですから。

鳴子温泉がある大崎市は後継者がいない現状をどう見ているのか。
僕が知る限り、20代の工人は松田大弘さんただ1人(修行中を入れたら2人)。
宮城県内の他のこけしの産地では、
市が募集をかけ、工人の育成を行っており、
そのうちの何人かは、一人前の工人として立派に活躍しています。
だからできないことではありません。
そして育成を含め、大崎市が鳴子のことを、こけしのことを、
もっときちんと扱ってくれるなら、
予算の問題も解消される部分は多く、
その影響は祭りにも出てくるのではないでしょうか。

町の人との間の温度差はどうでしょう。
町の人はこけしにあまり興味があるようには見えません。
それは鳴子に限ったことではありませんが。)
こけしが、この祭りが、鳴子という町にとって、
とても大切なものであることを、
もっともっと町の人にも気づいてほしいし、知ってほしい。
鳴子にはこけしがあるということを誇りに思ってほしい。
お土産屋さんも、東北以外で作られる近代こけしを置くのではなく、
鳴子のこけしをもっと置いてほしいし、
旅館やホテルでも良いこけしを買えるようにしてほしい。
ブームが落ち着いてきた今だかこそ、
町全体で一丸となってこけしを支えてほしい。
そうなってくれば、
祭りは続けていくことができるはずです。

座談会に出てくださったみなさんが口を揃えて言っていました。
「鳴子のこけし祭りは、特別なんだよなあ。
こけしを買うだけじゃない特別なものがある。」

残さなくてはいけません。