「日本の郷土玩具」で販売する玩具のこと

「日本の郷土玩具」で販売する玩具のこと

昨年の「日本の郷土玩具」の会期中、
郷土玩具を見ているわけでも、僕の絵を見ているというわけでもなく、
ギャラリー巡りをしているわけでもなさそうな方が
緊張した面持ちでギャラリーに入ってきました。

「Kと言います。
突然話しかけてしまいすみません、、、
ちょっと見ていただきたいものが、、、。」

そう言うと、すっとipadを取り出し、
いくつかの写真を見せてくれました。
画面にうつるのは、棚にぎっしりとつまった郷土玩具たち。
昭和30年代頃から平成初期頃までに作られたであろうもので、
綺麗に整えられた今の玩具の魅力とは違い、
歪で無垢な美しさに満ちているものばかりです。
良いコレクションですねえ、なんて言いながら写真を眺めていると、
Kさんは言葉を選びながらも丁寧に話を聞かせてくださいました。

「これは自分のものではないんです、、、。
亡くなった父が集めてきたこの玩具たちをどうすればいいのかわからず、、、。
いくつか大きいものは博物館に寄贈して、
一度展示をしてもらいましたが、あとは倉庫にしまわれたままで。
資料としてはいいのかもしれませんが、
薄暗い倉庫の中で、誰にも見てもらえず、
それでは玩具もかわいそうですし、父も納得していないんじゃないかと、、、。
どうすれば残された玩具たちも作り手の方も父も納得できるのだろうと調べていて、
佐々木さんを知り、話を聞いていただきにきました。
どのようにしたらいいと思いますか?」

蒐集家にとって、
蒐集したものを将来どうしていくのかということは大きな問題で、
次の世代にうまく託すことができればいいのですが、
持ち主が突然死んでしまった場合、
家族はその量に圧倒され、どうすればいいのかわからず、
途方にくれてしまいます。
その結果業者に丸投げするか、最悪捨ててしまうか、、
といったことも多いようです。
少しでも早く整理したくなるのでしょう、
気持ちにケリをつけるためにも。
Kさんもそんな気持ちになっても不思議ではない状況にもかかわらず、
玩具や作り手のこと、そしてお父様のことを想い、
僕なんかのところにきてくださったのです。

毎年「日本の郷土玩具」に来る方々は、
こけしや郷土玩具のイベントで近頃よく見る、
あの殺気立った雰囲気はなく、
とても穏やかに、じっくりと見て、購入される方がほとんどです。
それがはじめての郷土玩具だという方もいらっしゃいますし、
この企画で魅力を知り、
産地に行ってきましたと報告してくださる方も。
きっとみなさん今でも大事にしてくれていることでしょう。
そんな方々がきてくださる「日本の郷土玩具」で販売するのなら、
お父様の玩具のこともきっと大事にしてくれると思います。
Kさんにそう伝えると、

「是非、お願いいたします。父も喜ぶと思います。」

と快く承諾してくださいました。

そんな経緯の中決まった今年の「日本の郷土玩具」は
Kさんのお父様が集めてこられた郷土玩具を中心に販売いたします。
例年とは少し趣向が違う「日本の郷土玩具」にはなりますが、
200点以上の中からお気に入りを選びに、
ぜひ、ご来場ください。
同じ種類のものはひとつとしてありません。
玩具たちとともにお待ちしています。


佐々木一澄 新春企画「日本の郷土玩具」
会期:2018年1月12日(金)- 31日(水)
時間:11時-19時(最終日は17時まで)
定休日:木曜
会場:OPAshop

販売するもの
・昭和30年代以降に作られた各地の郷土玩具
・大沼秀顯さんの鳴子こけし(宮城県)
・郷土玩具関連の書籍など
・玩具絵など